Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2009 > インフルエンザA/H1N1 (ブタ由来) : 2009年5月29日時点での英国における状況
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2009/05/29

インフルエンザA/H1N1 (ブタ由来) : 2009年5月29日時点での英国における状況

Influenza A/H1N1 (‘swine-lineage’): UK situation at 29 May 2009
Health Protection Report December 19, 2008, Vol 2 No 51
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2009/news2109.htm#h1n1
http://www.hpa.org.uk/hpr/
5月29日金曜日、ブタ由来のインフルエンザA/H1N1感染が確認された症例と感染が疑われる症例が合計で215件となった。内訳は、イングランド200件、北アイルランド1件、スコットランド14件、ウェールズでの感染は確認されていない。
感染症例の中でも、子供と若者の感染数が高くなっている。また、地域的には、ロンドンとウエストミッドランドの感染数が高く、それはサウスイーストロンドンとバーミンガムにある2つの大規模学校で感染が発生したことによる。
地域における新型インフルエンザ識別に役立つよう、サーベイランスは夏を通して行われる。
NHSダイレクトからの情報を使用するだけでなく、イングランドでは全国3,300の家庭医からのデータや100を超える診療所から集められた患者の検体の検査データも含まれるようになる。
また、ブタインフルエンザの動向については、寄宿学校のネットワークを通しても情報が収集される。
<訳註>
新型インフルエンザに関する情報はこちらもご参照ください。
HP Report : 2009.05.28/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.06.04

関連サイト