Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2009 > レジオネラ症に対する公衆衛生の対応法に関する新しいガイダンス
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2009/06/05

レジオネラ症に対する公衆衛生の対応法に関する新しいガイダンス

New guidance on public health responses to Legionnaires’ disease
Health Protection Report Volume 3 No 22; 5 June 2009
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2009/news2209.htm#ld
http://www.hpa.org.uk/hpr/
レジオネラ症の大量発生や地域における菌株群に対する公衆衛生の対応法に関する新しいガイダンスがScotland’s Health Protection Network によって発行された。
スコットランドが発生元と思われる大量発生や地域的菌株群についての調査が最も重要な点ではあるが、このガイダンスは包括的なものとなっており、より幅広い興味・関心に応えるために感染制御チームを招集すべき時期やその構成などに関しても取り上げている。
また、関連する公衆衛生のリスク評価や、水道水の採取や感染発生後の治療法、レジオネラ症の感染源となったと思われるシステムを再度使用する際に取るべき注意などを含む制御法などについても見直している。
<訳註>
ガイダンスの全文はこちらをご参照ください。
レジオネラについてはこちらをご参照ください。
HP Report : 2009.06.05/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.06.11

関連サイト