Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2009 > 英国における医療関連感染に関する年次レポート
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2009/09/18

英国における医療関連感染に関する年次レポート

Healthcare-Associated Infections in England annual report
Health Protection Report Volume 3 No 28; 17 July 2009
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2009/news3709.htm#hcai0809
http://www.hpa.org.uk/hpr/
医療関連感染を予防・制御するために、医療従事者に対する注意喚起が続けて行われている。また政府は感染予防を最優先事項として掲げ続けてきた。その結果、2009年8月に発行された「イギリスでの医療関連感染に関する年次レポート」の最新号で2008年度から2009年度にかけてメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とClostridium difficile(C.difficile)感染数の劇的な減少が報告された。
これはNHSスタッフが強力かつ的確な感染予防対策を行ってきた結果である。
<訳註>
前回の報告については2008.07.18:Third annual report on healthcare associated infections Health Volume.2 No.29の要旨をご参照ください。
HP Report : 2009.09.18/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.09.28

関連サイト