Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2009 > ブタインフルエンザA(H1N1)ウイルスの薬剤感受性に関する最新情報-2009年4月
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2009/05/01

ブタインフルエンザA(H1N1)ウイルスの薬剤感受性に関する最新情報-2009年4月

MMWR May 1, 2009, Vol.58 No.16
Update: Drug Susceptibility of Swine-Origin Influenza A (H1N1) Viruses, April 2009の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5816.pdf
アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は 2009年4月21日以降、ブタインフルエンザAの人から人への感染症例についてレポートを行っている。4月28日現在、アメリカ国内では64件の感染が報告されている。
アメリカ国外においては、4月29日現在で、メキシコでの7件の死亡例を含む57件の感染が確認されている。
<訳註>
新型インフルエンザの最新情報については、こちらをご参照下さい。
MMWR:2009.05.01/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.05.07

関連サイト