Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2009 > 学校における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染 – ニューヨークシティ 2009年4月
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2009/05/08

学校における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染 – ニューヨークシティ 2009年4月

MMWR May 8, 2009, Vol.58 No.17
Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus Infections in a School — New York City, April 2009の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5817a6.htm
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5817.pdf
2009年4月28日の時点で、アメリカにおける新型インフルエンザAウイルス感染者の約半数をニューヨークシティにある高校の生徒と職員が占めている。
この高校には生徒2,686人、職員228人がいるが、4月23日、生徒約100人が軽い呼吸器疾患を訴えたことがニューヨークシティ保健精神衛生局 (DOHMH)に報告された。また23日から24日にかけて222人が体調不良を訴えて保健室を訪れた。メキシコでの新型インフルエンザAウイルス発生の件もあり、DOHMHはこの高校へ職員を派遣。症状の出ている生徒の鼻咽頭からスワブによる採取を実施。この結果、44人の感染が確認された。この44人全員とも、感染が発生しているカリフォルニア、テキサス、メキシコへ最近旅行したことはないという。
DOHMHは自らも積極的に調査を続けているが、発熱、原因不明の肺炎や呼吸困難を訴える患者を診察した医師からの情報提供も求めている。また、発熱を伴うインフルエンザ様症状の患者の救急病受診、オセルタミビルやその他のインフルエンザ薬の販売、学校の欠席率などにも注目して調査を行っている。
<訳註>
新型インフルエンザに関する国内の通知・ガイドラインおよび CDC、WHOのガイドラインについては、こちらの最新情報をご参照ください。
MMWR:2009.05.08/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.05.11

関連サイト