Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2009 > 季節性インフルエンザワクチン接種後の新型インフルエンザA(H1N1)ウイルスに対する血清交差反応性抗体反応
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2009/05/22

季節性インフルエンザワクチン接種後の新型インフルエンザA(H1N1)ウイルスに対する血清交差反応性抗体反応

MMWR May 22, 2009, Vol.58 No.19
Serum Cross-Reactive Antibody Response to a Novel Influenza A (H1N1)
Virus After Vaccination with Seasonal Influenza Vaccineの要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5819a1.htm
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5818.pdf
2009年5月19日現在、アメリカ国内47州とコロンビア地区では、感染が確認された症例と疑いのある症例合わせて5,469件の新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染が発生している。また、アメリカ国外でも、41カ国で合計4,774件の感染が発生している。
この新型インフルエンザA(H1N1)ウイルスに対するワクチン開発までには数ヶ月かかるため、季節性インフルエンザ用ワクチンが新型インフルエンザ A(H1N1)に対しても効果があるかどうかの見極めが重要となっている。そこでCDCは、以前のワクチン研究の際に採取された血清検体を使用して子供と大人のグループに対するワクチン接種前と接種後の交差反応性抗体のレベル査定を行った。ワクチンは、2005年-2006年、2006年-2007年、 2007年-2008年または2008年-2009年のインフルエンザ期のワクチンを使用した。
ワクチン接種前、子供については新型インフルエンザA(H1N1)ウイルスに対する交差反応性抗体は確認されなかった。また大人の場合、18歳から64歳の年齢層で6-9%、60歳以上では33%に交差反応性抗体が確認された。
前回の季節性の3価不活化インフルエンザワクチン(TIV)または弱毒性インフルエンザワクチン(LAIV)接種の結果、子供については新型インフルエンザA(H1N1)に対する交差反応性抗体は発生しなかった。18歳から64歳の年齢層においては、季節性TIVの接種により季節性インフルエンザに対する交差反応性抗体は19倍から20倍の増加を示すのに対し新型インフルエンザA(H1N1)に対する交差反応性抗体は2倍の増加であった。60歳以上に至っては交差反応性抗体は確認されなかった。この結果により、近年(2005年-2009年)の季節性インフルエンザワクチンの接種が新型インフルエンザ A(H1N1)に対する防衛的抗体反応を誘発する見込みはないと思われる。
<訳註>
新型インフルエンザに関する国内の通知・ガイドラインおよびCDC、WHOのガイドラインについては、こちらの最新情報をご参照ください。
MMWR:2009.05.22/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.05.25

関連サイト