Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2010 > メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) :ヨーロッパにおける疾病負荷と制御対策
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2010/10/14

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) :ヨーロッパにおける疾病負荷と制御対策

METHICILLIN-RESISTANT STAPHYLOCOCCUS AUREUS (MRSA): BURDEN OF DISEASE AND CONTROL CHALLENGES IN EUROPEの要旨
Eurosurveillance, Volume 15, Issue 41, 14 October 2010
http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19688
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、医療関連感染と市井感染の主な原因として世界的に広がっている。
医療関連感染については、EU内で年間150,000人以上の患者が感染。また、感染が発生することによってEUの保険システムに関する院内コストが380,000,000ユーロ余分にかかってしまっている。
医療関連感染に加えて、市井由来または家畜由来の新しいヒト病原体である新しいMRSA菌株がほとんどのEU加盟国で発生している。そのため、MRSAの予防と制御はEUの公衆衛生において最も重要であると言える。
Eurosurveillance 2010.10.14/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2010.10.20

関連サイト