Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2010 > 英国におけるMRSA菌血症とClostridium difficileに関する義務的レポート-2009年度
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2010/07/16

英国におけるMRSA菌血症とClostridium difficileに関する義務的レポート-2009年度

MRSA bacteraemia and Clostridium difficile mandatory reports 2009/10
Health Protection Report Volume 4 No 24; 16 July 2010
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2010/news2810.htm#hcai
http://www.hpa.org.uk/hpr/
英国保健省による医療関連感染に関する義務的サーベイランスプログラムの一環として実施されたMeticillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA)菌血症とClostridium difficile感染に関する調査の2009年度データが発表された。
MRSA菌血症については、2009年度は1,898件が確認された。これは前年度比で35%減である。また、1,898件中、公的保険病院で確認された感染は1,003件で、こちらも前年度比で38%減と大きな減少を見せている。
また、Clostridium difficileは25,604件が確認され、前年度比で29%減となった。公的保険病院での感染は全体数のうち13,195件で、前年度と比べて29%の減となった。
HP Report : 2010.07.16/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2010.07.27

関連サイト