Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > CDC ガイドライン > 感染部位別対策 > 血管カテーテル関連感染予防のためのガイドライン, 2011(2011)
Overseas
Guideline
CDC ガイドライン
2011/04/12

血管カテーテル関連感染予防のためのガイドライン, 2011(2011)

CDC: Guidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infections, 2011
http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/guidelines/bsi-guidelines-2011.pdf
※2011.5.16 項目数修正(23を22に)
<注釈>

CDCは2011年4月1日、「血管カテーテル関連感染予防のためのガイドライン, 2011」を公表しました。このガイドラインは2002年に公表された「血管カテーテル関連感染予防のためのガイドライン」に代わるものです。本ガイドラインの注目する主なポイントとしては以下のものが挙げられています。

  1. カテーテルの挿入や管理を行う医療従事者の教育や訓練について。
  2. 中心静脈カテーテル挿入中に実施するマキシマルバリアプリコーションについて。
  3. 0.5%を超えるクロルヘキシジンアルコール製剤の使用について。
  4. 感染予防の手法として中心静脈カテーテルの定期的な交換を避けることについて。
  5. 他の手法(例えば教育や訓練、マキシマルバリアプリコーションや皮膚消毒のための0.5%を超えるクロルヘキシジンアルコール製剤の適用)が遵守されているにもかかわらず感染率が低下しないようであれば、消毒薬や抗菌薬含浸の短期間中心静脈カテーテルやクロルヘキシジン含浸のスポンジドレッシングを使用することについて。

また包括的(バンドル)手法の実施による効果改善や、品質保証および効果改善の指標としてその手法にて実施されているすべての項目の遵守率を記録・報告することについても強調しています。

本ガイドラインでは教育・訓練・スタッフの配置、カテーテルの選択・挿入部位、手指衛生や無菌テクニック、マキシマルバリアプリコーション、皮膚消毒、予防的抗菌薬投与など22項目について、勧告の概要とその勧告についての背景などが記載されています。

皮膚消毒については、血管カテーテル挿入部位のケアにクロルヘキシジン含有製剤を用いた皮膚消毒法とポビドンヨードまたはアルコールとを比較した2つのよくデザインされた研究において、クロルヘキシジン製剤の使用でカテーテルへの菌定着またはカテーテル関連血流感染の割合が低かったこと、0.5%クロルヘキシジンアルコールが10%ポビドンヨードと比較して中心静脈カテーテルへの菌定着またはカテーテル関連血流感染に差が見られなかったこと、2%クロルヘキシジン水溶液が10%ポビドンヨードまたは70%アルコールよりもカテーテル血流感染が減少する傾向にあること、4,143例のメタアナリシスにおいて、クロルヘキシジン製剤はポビドンヨードに対して49%までカテーテル関連感染のリスクを減少することなどを背景とし、勧告では中心静脈カテーテルや末梢動脈カテーテル挿入前およびドレッシング交換時の皮膚消毒にクロルヘキシジン濃度が0.5%を超えるアルコール製剤を使用することがもっとも推奨度の高いカテゴリーIAで推奨されています。

2002年のガイドラインではカテーテル挿入前およびドレッシングの交換時の皮膚消毒に2%クロルヘキシジン製剤の使用を推奨した上でヨードチンキ、ポビドンヨード、70%アルコールを用いることができると勧告されていましたが、前述のように2011年のガイドラインでは中心静脈カテーテルおよび末梢動脈カテーテルについては0.5%を超える濃度のクロルヘキシジンアルコールのみを推奨しています。ただしクロルヘキシジンが禁忌の場合にはヨードチンキまたはポビドンヨード、70%アルコールに変更することができると述べられています。末梢静脈カテーテル挿入前の皮膚消毒については70%アルコールまたはヨードチンキ、ポビドンヨード、クロルヘキシジンによる皮膚消毒が推奨されています。なお、2011年4月現在、海外では0.5%を越えるクロルヘキシジンのアルコール製剤として1%および2%の製剤などが市販されていますが、日本国内においては、医療用医薬品再評価結果による制限の下、1%製剤のみが市販されています。

Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd. 2011.04.12

関連サイト