Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 消毒薬テキスト(Y’s Text) > II 滅菌法・消毒法概説 > 2)照射法
Y’s Text
II 滅菌法・消毒法概説

2 主な滅菌法

2)照射法

照射による滅菌法として、電離放射線(ガンマ線、電子線)による方法がある。これらの方法には特殊な照射設備が必要であり、医療機関での利用は限られている。

(1)放射線法13、14)

放射線同位元素から放出されるガンマ線、電子加速器から発生する電子線、または制御放射線であるX線を照射することによって微生物を殺滅する方法である。これらの方法は、低温下で滅菌を達成でき、また透過力が強いため密封包装下の被滅菌物を容易に滅菌できるので効率的な方法であるが、材質面の変質・劣化が引き起こされる心配のないものに適応が限定され、また安全性の面から放射線漏れなどを防ぐ特殊で大規模な装置が必要となるため、医療用滅菌ディスポーザブル器材などの製造産業において主に利用されている。

▲TOPへ戻る

Prev | Return | Next

関連サイト