Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 消毒薬テキスト(Y’s Text) > IV 対象微生物による消毒薬の選択 > 1)バチルス
Y’s Text
IV 対象微生物による消毒薬の選択

6  芽胞

グラム陽性桿菌であるBacillus spp.とClostridium spp.は芽胞を形成する。栄養型の分裂増殖が困難となった環境で芽胞を形成するが、環境が改善すると発芽し再び細菌に復元して増殖する。芽胞は熱、乾燥、消毒薬に強い抵抗性を示し、乾燥環境表面で長期間生存するが、発芽して栄養型細菌となった場合の抵抗性は一般細菌と同じである。

1)バチルス(Genus Bacillus116)

バチルスは好気性あるいは通性嫌気性で、土壌中に広く存在し、病原性を示すことは少ない。

枯草菌(Bacillus atrophaeus)は自然界に広く存在する。通常感染を引き起こして問題となる場合はないが、易感染患者においてはまれに菌血症などを引き起こすことがある186)。感染症例に対しては標準予防策を行う。

セレウス菌(Bacillus cereus)は食品中で毒素を産生し、食中毒を引き起こす。この場合、予防の要点は食品衛生であり、通常2次感染はない。また易感染患者においてはまれに菌血症などの感染症を引き起こすことがある189)。感染症例には標準予防策を行う。

【炭疽菌については IV-8-5)-(7) 炭疽 を参照】

▲TOPへ戻る

Prev | Return | Next

関連サイト