Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 消毒薬テキスト(Y’s Text) > V 各種消毒薬の特性 > 1)第四級アンモニウム塩
Y’s Text
V 各種消毒薬の特性

1 低水準消毒薬

1)第四級アンモニウム塩

(1)ベンザルコニウム塩化物1~8)

①特徴

陽イオン界面活性剤(逆性石けん)であり、石けんとは逆の荷電を有している。基本的には非生体向けの消毒薬であり、主に家具、床などノンクリティカルな環境の消毒に用いる。食品分野においても長年繁用されている。金属製品、繊維製品に対する腐食性は少ないが、患者間で再利用するセミクリティカル、クリティカル器具の消毒には十分な殺菌力を期待できない。

日本においてはクロルヘキシジングルコン酸塩の粘膜適用が禁忌となっているため、皮膚粘膜に対する刺激性や臭気の少ない実用濃度の逆性石けん液は粘膜に適用する場合がある。微生物汚染された逆性石けん液を膀胱鏡あるいは心臓カテーテルに使用したために感染症を引き起こしたという報告や静脈カテーテル挿入部の皮膚消毒に汚染された綿球を使用したために敗血症を引き起こしたという報告がある9)。また微生物汚染を減少させることを目的として8~12vol%のエタノールを添加した0.1%ベンザルコニウム塩化物液や、さらに防錆剤を加えた製剤が市販されている10、11)

②抗微生物スペクトル

グラム陽性菌、グラム陰性菌、真菌の一部、エンベロープを有するウイルスの一部に有効であるが、結核菌、多くのウイルス、芽胞に無効である。グラム陰性桿菌である緑膿菌、Burkholderia cepacia、セラチア、Achromobacter xylosoxidansなどが抵抗性を示す場合がある。

③作用機序

第四級アンモニウム塩の作用機序としてHugoは以下の5つをあげた2)

  • 蛋白変性および酵素の切断
  • 糖の分解と乳酸の酸化など代謝への作用
  • 膜透過性障害による溶菌、リンおよびカリウムの漏出
  • 解糖の促進
  • 原形質膜の活動を支える酵素に対する作用の可能性

④適用範囲

(承認に基づく効能・効果。推奨されるものについては下線。)

0.05~0.2%ベンザルコニウム塩化物液 手術室、病室、家具、器具、物品
0.1%ベンザルコニウム塩化物液 医療機器、手術部位の皮膚
0.05~0.1%ベンザルコニウム塩化物液 手指・皮膚、感染皮膚面は0.01%ベンザルコニウム塩化物液
0.01~0.025%ベンザルコニウム塩化物液 手術部位の粘膜、粘膜の創傷部位、皮膚の創傷部位
0.02~0.05%ベンザルコニウム塩化物液 腟洗浄
0.01~0.05%ベンザルコニウム塩化物液 結膜嚢
0.2%ベンザルコニウム塩化物エタノール擦式製剤 手指

⑤主な副作用

発疹、瘙痒などの過敏症状があらわれることがあるのでこのような場合は使用を中止する。毒性は低く成人が少量を誤飲しても特に害はない。しかし、眼に入った場合、0.1%では刺激性を示したとの報告がある。

⑥その他の注意

  • 陰イオン界面活性剤(石けんや一部の合成洗剤など)により沈殿物を生じて殺菌力が低下するので両者を混合しない。
  • 金属器具を長時間浸漬する必要がある場合は腐食を防止するために亜硝酸ナトリウムを添加する。
  • 皮革製品の消毒に使用すると変質させることがあるので使用しない。
  • 繊維、布(綿ガーゼ、ウール、レーヨンなど)に吸着し、濃度が低下する。
  • 血液、体液などの有機物により殺菌力が低下する。
  • 粘膜、創傷部位に使用する場合は、滅菌済みのものを用いる。
  • 皮膚消毒に使用する綿球、ガーゼなどは滅菌して保存し、使用時に溶液に浸す。
  • 開封後は、微生物汚染に注意する。

▲TOPへ戻る

(2)ベンゼトニウム塩化物1~8)

陽イオン界面活性剤(逆性石けん)であり、石けんとは逆の荷電を有している。特徴、抗微生物スペクトル、作用機序、主な副作用、その他の注意などはすべてベンザルコニウム塩化物と同様である。適用範囲は以下のとおりであり、ベンザルコニウム塩化物と同様であるが、腟洗浄、結膜嚢への適用濃度が特定されている。

①適用範囲

(承認に基づく効能・効果。推奨されるものについては下線。)

0.05~0.2%ベンゼトニウム塩化物液 手術室、病室、家具、器具、物品
0.1%ベンゼトニウム塩化物液 医療機器、手術部位の皮膚
0.05~0.1%ベンゼトニウム塩化物液 手指・皮膚、感染皮膚面は0.01%ベンゼトニウム塩化物水溶液
0.01~0.025%ベンゼトニウム塩化物液 手術部位の粘膜、粘膜の創傷部位、皮膚の創傷部位
0.025%ベンゼトニウム塩化物液 腟洗浄
0.02%ベンゼトニウム塩化物液 結膜嚢

▲TOPへ戻る

Prev | Return | Next

関連サイト