Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 消毒薬テキスト(Y’s Text) > I 感染対策における滅菌・消毒の役割 > I 章 参考文献
Y’s Text
I 感染対策における滅菌・消毒の役割

I 章 参考文献

1)
小林寬伊,大久保憲,尾家重治:消毒・滅菌の基本.小林寬伊編集.[新版 増補版]消毒と滅菌のガイドライン.へるす出版,東京,2015;8-43.
2)
CDC:Guideline for Isolation Precautions:Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 2007.
3)
矢野邦夫,向野賢治訳・編:改訂2版 医療現場における隔離予防策のためのCDCガイドライン-感染性微生物の伝播予防のために-.メディカ出版,大阪,2007.
4)
小林寬伊:感染制御とは.小林寬伊,吉倉廣,荒川宜親編集.エビデンスに基づいた感染制御(改訂2版)-第1集-基礎編.メヂカルフレンド社,東京,2003;3-10.
5)
厚生労働省健康局結核感染症課長 事務連絡.「我が国における新たな多剤耐性菌の実態調査」におけるニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ1(NDM-1)産生肺炎桿菌の検出について(平成22年10月4日).2010.
6)
厚生労働省健康局結核感染症課長 事務連絡.「我が国における新たな多剤耐性菌の実態調査」の結果について(平成23年1月21日).2011.
7)
山口惠三,松本哲哉:グラム陽性菌.小林寬伊編.感染制御学.へるす出版,東京,1996;41-45.
8)
山口惠三,舘田一博:グラム陰性菌.小林寬伊編.感染制御学.へるす出版,東京,1996;46-51.
9)
Potter J, Stott DJ, Roberts MA, et al.:Influenza vaccination of health care workers in long-term-care hospitals reduces the mortality of elderly patients. J Infect Dis 1997;175:1-6.
10)
国立感染症研究所感染症情報センター:インフルエンザウイルス(季節性+AH1pdm)分離・検出状況 2009年第19週~2010年第19週(2010年5月13日現在報告数).
11)
厚生労働省健康局結核感染症課長 健感発0601第1号.韓国における中東呼吸症候群(MERS)の発生について(平成27年6月1日).2015.
12)
Garner JS, HICPAC:Guideline for isolation precautions in hospitals. Infect Control Hosp Epidemiol 1996;17:53-80.
13)
向野賢治訳,小林寬伊監訳:病院における隔離予防策のためのCDC最新ガイドライン.メディカ出版,大阪,1996.
14)
CDC:Guideline for Disinfection and Sterilization in Healthcare Facilities, 2008.
15)
満田年宏訳・著:医療施設における消毒と滅菌のためのCDCガイドライン2008.ヴァンメディカル,東京,2009.
16)
CDC:Recommendations for Prevention of HIV Transmission in Health-Care Settings. MMWR 1987;36:S2.
17)
CDC:Guidelines for Prevention of Transmission of Human Immunodeficiency Virus and Hepatitis B Virus to Health-Care and Public-Safety Workers. MMWR 1989;38:S6.
18)
CDC:Updated U.S. Public Health Service Guidelines for the Management of Occupational Exposures to HBV, HCV, and HIV and Recommendations for Postexposure Prophylaxis. MMWR 2001;50(RR-11):1-42.
19)
大久保憲:隔離対策の選択と実際.小林寬伊,吉倉廣,荒川宜親編集.エビデンスに基づいた感染制御(改訂2版)‐第1集‐基礎編.メヂカルフレンド社,東京,2003;81-90.
20)
CDC:Guidelines for Preventing the Transmission of Mycobacterium tuberculosis in Health-Care Settings, 2005. MMWR 2005;54(RR-17):1-141.
21)
CDC:Guidelines for Preventing Health-Care-Associated Pneumonia, 2003. MMWR 2004;53(RR3):1-36.
22)
HICPAC, et al:Guideline for Hand Hygiene in Health-Care Settings. MMWR 2002;51(RR-16):1-45.
23)
大久保憲訳,小林寬伊監訳:医療現場における手指衛生のためのCDCガイドライン.メディカ出版,大阪,2003.
24)
大久保憲:各種病原微生物に対する滅菌,消毒.高杉益充,新太喜治編.消毒剤-基礎知識と臨床使用-.医薬ジャーナル社,大阪,1998;67-79.
25)
石塚紀元,小林寬伊,尾家重治:消毒薬.小林寬伊編.感染制御学.へるす出版,東京,1996;125-156.
26)
尾家重治:消毒法の選択と実際.小林寬伊,吉倉廣,荒川宜親編集.エビデンスに基づいた感染制御(改訂2版)-第1集-基礎編.メヂカルフレンド社,東京,2003;60-70.
27)
小林寬伊,大久保憲,吉田俊介:病院感染対策のポイント.協和企画,東京,2002.
28)
van Klingeren B, Pullen W:Glutaraldehyde resistant mycobacteria from endoscope washers. J Hosp Infect 1993;25:147-149.
29)
Griffiths PA, Babb JR, Bradley CR, et al.:Glutaraldehyde-resistant Mycobacterium chelonae from endoscope washer disinfectors. J Appl Microbiol 1997;82:519-526.
30)
Dauendorffer JN, Laurain C, Weber M, et al.:Evaluation of the bactericidal efficiency of a 2% alkaline glutaraldehyde solution on Mycobacterium xenopi. J Hosp Infect 2000;46:73-76.
31)
Nomura K, Ogawa M, Miyamoto H, et al.:Antibiotic susceptibility of glutaraldehyde-tolerant Mycobacterium chelonae from bronchoscope washing machines. J Hosp Infect 2004;32:185-188.
32)
Webster E, Ribner B, Streed LL, et al.:Microbial contamination of activated 2% glutaraldehyde used in high-level disinfection of endoscopes(abstract). Am J Infect Control 1996;24:153.
33)
Collins FM:Bactericidal activity of alkaline glutaraldehyde solution against a number of atypical mycobacterial species. J Appl Bacteriol 1986;61:247-251.

関連サイト