Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2012 > 現場からの報告。農業フェア参加者と豚に発生したA型インフルエンザ(H3N2)ウイルスのアウトブレイク。2012年7月、インディアナ州。
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2012/08/03

現場からの報告。農業フェア参加者と豚に発生したA型インフルエンザ(H3N2)ウイルスのアウトブレイク。2012年7月、インディアナ州。

MMWR July 27, 2012 Vol.61 No.29 Notes from the Field: Outbreak of Influenza A (H3N2) Virus Among Persons and Swine at a County Fair — Indiana, July 2012
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm6129a5.htm?s_cid=mm6129a5_w
インディアナ州保健局とインディアナ動物衛生局は、2012年7月8日から14日に州内で開催された農業フェアの参加者と展示されていた豚に呼吸器疾患が発生したことを確認した。発症した参加者4人は、いずれも豚の展示者もしくはその家族で、豚との接触が多かった。
18日、4例すべての検体にA型インフルエンザ(H3N2)変異(H3N2v)ウイルス感染の疑いが確認され、21日には、A(H1N1)pdm09のM遺伝子を持つH3N2vウイルスが確認された。このウイルスは、2011年から今年初めにかけて確認された12例のウイルスと類似している。
今回確認された例も含め、2011年8月以降に確認されたA(H1N1)pdm09のM遺伝子を持つH3N2vウイルス感染は17例。新型インフルエンザA型は、国内においても、国際的にも、注目すべき疾病となっている。
<訳註>
インフルエンザの感染予防については、Y’s Letter Vol.2 No.31 インフルエンザの感染予防をご参照ください。
インフルエンザA(H3N2)の変異株に関する情報はこちらをご覧ください。
MMWR:2012.07.27 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd:2012.08.03

関連サイト