Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Appendix > 周術期感染予防のための 多角的戦略 -消毒も大事、栄養も大事-
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.20 Suppl.36

第36回日本手術医学会総会ランチョンセミナー 記録集

開催日:2014年9月26日
開催地:ロイトン札幌 (札幌)
周術期感染予防のための多角的戦略
-消毒も大事、栄養も大事-
深柄 和彦
(東京大学医学部附属病院 手術部 准教授)

はじめに
手術時に何らかの合併症が起これば、在院日数がのびて医療費もかさんでしまい、患者さんおよび病院経営に大きな悪影響を及ぼします。
そこで本日は周術期の感染予防のためにできることは何か? 様々な視点、特に消毒・滅菌・患者さん自身の感染防御能強化の点から解説します。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.20 Suppl.36 Appendix 2015

関連サイト