Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2015 > 小売りされている豚肉から検出された家畜関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌CC398 イギリス、2015年2月
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2015/06/18

小売りされている豚肉から検出された家畜関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌CC398 イギリス、2015年2月

Eurosurveillance, Volume 20, Issue 24, 18 June 2015

DETECTION OF LIVESTOCK-ASSOCIATED METICILLIN-RESISTANT STAPHYLOCOCCUS AUREUS CC398 IN RETAIL PORK, UNITED KINGDOM, FEBRUARY 2015
http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=21156

家畜関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌Livestock-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus CC398(LA-MRSA ) は、多くの国で動物由来感染症の大きな原因となっている。このレポートでは、イギリスの牧場で飼育された豚から生産された小売り用豚肉から検出されたLA-MRSA CC398分離株について報告している。調査の結果、この系統がイギリスの養豚場で発生した可能性と、イギリス国内での家畜から人へのLA-MRSA CC398感染ルートが示された。  
<訳註>
家畜関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(LA-MRSA)については、Eurosurveillance 2010年4月22日の記事もご参照ください。
Eurosurveillance: 2015.06.18/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd:2015.06.30.

関連サイト