Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2015 > 韓国で発生したMERS-COVアウトブレイクに関する予備的疫学的調査、2015年5月から6月
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2015/06/25

韓国で発生したMERS-COVアウトブレイクに関する予備的疫学的調査、2015年5月から6月

Eurosurveillance, Volume 20, Issue 25, 25 June 2015

PRELIMINARY EPIDEMIOLOGICAL ASSESSMENT OF MERS-COV OUTBREAK IN SOUTH KOREA, MAY TO JUNE 2015
http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=21163

アラビア半島以外では最大となる中東呼吸器症候群コロナウイルス感染のアウトブレイクが、韓国で発生している。2015年6月19日までに166例の感染が確認されており、そのうち24例が死亡している。平均潜伏期間は6.7日。一次感染者から二次感染者への伝染までの期間は12.6日であると推定される。また、全体の死亡リスクは21%である。
<訳註>
中東呼吸器症候群(MERS)については、WHOの発行するWER(Weekly epidemiological record)2015年6月12日の記事の翻訳もご参照ください。

また、2015年7月3日WHO公表による韓国の発生状況はこちらをご参照ください。

Eurosurveillance: 2015.06.25/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd:2015.07.08.

関連サイト