Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2015 > 心肺バイパスに関連したマイコバクテリウム・チマエラ感染の調査 最新情報
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2015/05/21

心肺バイパスに関連したマイコバクテリウム・チマエラ感染の調査 最新情報

Health Protection Report Volume 9 Issue 18 ;21 May 2015
Investigation of M. chimaera infection associated with cardiopulmonary bypass: an update
https://www.gov.uk/government/publications/health-protection-report-volume-9-2015/hpr-news-volume-9-issue-18-21-may#uk-seasonal-influenza-annual-report-2014-to-2015-in-summary
4月30日号でレポートしたように、スイスとオランダで、心肺手術を受けた患者が侵襲性マイコバクテリウム・チマエラに感染する症例が発生している。スイスでの調査によって、これらの感染は、心肺バイパス手術中に汚染されたヒータークーラーユニットから発生した噴霧が原因であるとされた。これと似た症例がドイツでも確認されており、European Centre for Disease Prevention and Controlは、迅速に危険度調査を実施している。
また、Public Health Englandも、他の組織と協力しながら、イギリス国内での調査を実施している。

HP Report : 2015.05.21/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2015.06.11

関連サイト