Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2016 > 都市下水処理場で採取されたカルバペネム耐性Acinetobacter baumannii 分離株-クロアチア、2014年
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2016/04/14

都市下水処理場で採取されたカルバペネム耐性Acinetobacter baumannii 分離株-クロアチア、2014年

Eurosurveillance, Volume 21, Issue 15, 14 April 2016

CARBAPENEM-RESISTANT ISOLATES OF ACINETOBACTER BAUMANNII IN A MUNICIPAL WASTEWATER TREATMENT PLANT, CROATIA, 2014
http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=21440

Acinetobacter baumannii(A. baumannii)は、病院発生病原菌である。患者または病院からA. baumannii が分離された報告はあるものの、 自然環境におけるA. baumanniiの伝播に関する報告は少ない。この研究は、クロアチア、ザブレグの都市下水で生存可能なA. baumanniiの発生と抗菌剤感受性、そして下水処理後の水分中の残存状態について調査した。調査の結果、多剤耐性のA. baumanniiは、自然環境の中にも発生し、存在し続ける能力があることがわかった。
<訳註>
Acinetobacter baumanniiの感染対策と消毒についてはY’s Letter 感染対策情報レター Vol.3 No.20 多剤耐性Acinetobacter baumanniiによるアウトブレイクからご覧になれます。

Eurosurveillance:2016.04.14/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd:2016.04.26

関連サイト