Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > ときわ会常磐病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.21 No.3 2016

ときわ会常磐病院

常に医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師で、週1回の環境ラウンド、抗菌薬適正使用支援を実施

2013年に施設基準の感染防止対策加算2を取得したときわ会常磐病院は、感染対策委員会と医療安全管理部感染対策課を設置すると同時に、ICTを発足し、環境ラウンドなどを行ってきた。2016年4月には感染対策課専従の感染管理認定看護師を迎え、感染防止対策加算1を取得。現在ではICTによる週1回の環境ラウンドと抗菌薬適正使用支援(AST)、ラウンド前のカンファレンス、院内と地域に向けた勉強会など、医療安全と感染対策への活動をより充実させている。今回は渡邉良太医師(ICD)、西彩夏薬剤師、武良由香さん(感染管理認定看護師CNIC)、松崎幸江師長(感染管理認定看護師CNIC)、新藤康博臨床検査技師を中心に、ICTメンバーの方々にお話を伺った。

DATA
福島県いわき市常磐上湯長谷町上ノ台57
常磐病院の母体である「ときわ会」は、昭和57年に泌尿器科と透析科を診療科とした「いわき泌尿器科」として開院。平成元年には、いわき市を中心に開設したクリニックや介護老人施設、病院などを集約し、ときわ会グループとなる。なかでも平成22年4月より市立から民間であるときわ会へ譲渡された常磐病院は、グループの中核病院として、地域の基盤病院の役割を果たす。さらに現在は、泌尿器や透析の分野では全国でも有数の医療機関として、最先端の医療を提供している。
診療科目数17科。
職員数517人。
病床数・一般床120床、療養床120床、透析136床。
平均在院日数 一般病棟:16.1日、療養病棟:329日、合計:30.4日(2015年度)。
年間手術件数1,239件(2015年度)。

院長:新村浩明先生
院長代行:渡邉良太先生
医師:森甚一先生
医師:坂部 淳先生
CNIC:武良由香さん
CNIC:松崎幸江さん
薬剤師:西彩 夏先生
臨床検査技師:新藤康博先生 

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.21 No.3 p4-6 2016

関連サイト