Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2016 > 更新情報:ジカウイルス感染が疑われる乳児と小児をケアする医療従事者向け暫定的ガイドラインーアメリカ、2016年2月
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2016/02/26

更新情報:ジカウイルス感染が疑われる乳児と小児をケアする医療従事者向け暫定的ガイドラインーアメリカ、2016年2月

MMWR, February 26, 2016 / 65(7);182–187

Update: Interim Guidelines for Health Care Providers Caring for Infants and Children with Possible Zika Virus Infection — United States, February 2016
http://www.cdc.gov/mmwr/volumes/65/wr/mm6507e1.htm?s_cid=mm6507e1_e

CDCは、妊娠中にジカウイルス蔓延地域に渡航もしくは居住していた母親から生まれた新生児をケアする医療従事者に対する暫定的ガイドラインを更新し、ガイドラインの対象を急性ジカ熱の疑いがある新生児から小児までに拡大した。この更新には、妊娠中にジカウイルス蔓延地域に渡航もしくは居住していたもののジカウイルス検査を受けていない母親から生まれた新生児で、頭囲、出生前と出生後の超音波検査(実施された場合)、身体所見が正常な場合の日常診療に関する新しい提言が含まれている。
<訳註>
厚生労働省のジカウイルス感染症に関するQ&Aや感染を疑う症例の要件、届出の基準等は厚生労働省のウェブサイト「ジカウイルス感染症について」からご覧になれます。

また、更新前の暫定的ガイドラインは、2016年2月6日に掲載した弊社要約記事からご覧ください。

MMWR:2016.02.26/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd:2016.03.02

関連サイト