Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2016 > 更新情報 : 性交渉によるジカウイルス感染予防に関する暫定的ガイダンス-アメリカ、2016年
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2016/04/01

更新情報 : 性交渉によるジカウイルス感染予防に関する暫定的ガイダンス-アメリカ、2016年

MMWR April 1, 2016 / 65(12);315-322

Update: Interim Guidance for Health Care Providers Caring for Women of Reproductive Age with Possible Zika Virus Exposure ? United States, 2016
http://www.cdc.gov/mmwr/volumes/65/wr/mm6512e2.htm?s_cid=mm6512e2_w

CDCは、性交渉によるジカウイルス感染の予防に関する暫定的ガイダンスを発行した。更新の勧告は、ジカウイルス感染が活発化している地域への渡航もしくは居住したことのある男性と、その異性もしくは同性パートナーに対するものである。このガイダンスでは、ジカウイルス感染が活発化している地域への渡航もしくは居住したことのある男性と避妊具なしで性交渉を持った者はジカウイルスに曝露したものと定義づけている。
ジカウイルスは、男性からその性交渉相手へ感染する可能性がある。特に、妊娠中には注意をしなければならない。
性交渉によってジカウイルスに曝露した可能性があり、ジカ熱の症状が現れている者は、ジカウイルス検査を受けるべきである。ウイルスに対して性的曝露があったと思われる妊婦は、本人とその男性パートナーにジカ熱の症状が現れていないか検査をする必要がある。CDCは、医療従事者に対し、性交渉によるジカウイルス感染が疑われる症例が出た場合には地域と州の衛生局に対して報告をするよう強く勧告している。

厚生労働省のジカウイルス感染症に関するQ&Aや感染を疑う症例の要件、届出の基準等は厚生労働省のウェブサイト「ジカウイルス感染症について」からご覧になれます。

MMWR:2016.04.01/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd:2016.04.26

関連サイト