Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 医療法人三憲会 折尾病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.22 No.2 2017

医療法人三憲会 折尾病院

精神科単科病院における感染対策の実践

北九州市にある折尾病院は、精神科単科の病院として、地域に根差した精神医療を提供している。これまで精神科領域、しかも中小の精神科単科病院となると、衛生管理が困難な患者が多いことや、施設の構造上の問題から、感染対策への取り組みが遅れがちだった。しかし折尾病院では、「精神科病院だからこそ感染対策の徹底を」と考え、病院をあげて感染対策に積極的に取り組んでいる。今回は院内感染対策委員会の中心的メンバーである看護部長の大石豊さんと、病棟師長の香月文恵さんに、同院における感染対策への取り組みについてお話を伺った。

DATA
福岡県北九州市八幡西区本城3-26-18
1964年、現住所に精神科・神経科の病院として、46床でオープンした。1988年に医療法人となり、現在は197床で稼働している。「心病む人々の立場にたち、その人格を尊重し、患者様やそのご家族に対して、信頼・安心・満足されることを目標に、地域に密着した最良の医療を提供することを目指します」という病院理念の下、音楽療法や作業活動、レクリエーションを充実させ、治療環境づくりを目指している。また、「もの忘れの相談」にも応じ、認知症患者も積極的に受け入れている。
診療科目:精神科、神経科
職員数:130人
病床数:197床

院長、理事長:原賀憲亮先生
看護部長:大石 豊さん
看護師長:香月文恵さん

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.22 No.2 p4-6 2017

関連サイト