Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 医療法人社団三思会 東邦病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.22 No.3 2017

医療法人社団三思会 東邦病院

ICNによる日々のラウンドと、ICTの環境ラウンドで行う感染対策

群馬県みどり市にある東邦病院は、群馬県東毛地域の中核都市・桐生市近郊の基幹病院として最新医療機器を備え、高度医療を提供するとともに救急医療にも力を注ぐ。また、緩和ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、健康増進・予防医学センター、入退院センターを併設し、幅広い地域の医療ニーズに対応している。なかでも腎臓透析センターは北関東随一の規模を誇る。今回は院内感染対策委員会の中心的メンバーであり、感染対策室専従の感染管理認定看護師の大山昌子さんに、感染対策への取り組みについてお話を伺った。

DATA
群馬県みどり市笠懸町阿左美1155番地
1977年、現住所に病床数80床、内科、外科、整形外科、皮膚科、小児科、放射線科、神経科の7診療科でオープンした。「昨日を反省し、今日を考え、明日に備える」を病院理念とし、40年の歴史を歩む。また病院開設当時はベッド数が10床だった透析施設は現在111床と、北関東随一の規模と稼働率を誇る。2000年には介護療養型医療施設を開設し、2003年に回復期病棟を新築。2014年に緩和ケア病棟、2016年に地域包括ケア病棟を設置した。
診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、肝臓内科、糖尿病内科、腎臓内科、透析内科、外科、消化器外科など25診療科
職員数:735人
病床数:443床(一般・150床、地域包括・50床、医療療養・164床、回復期リハビリテーション病棟・58床、緩和ケア病棟・21床)
平均在院日数:一般病棟15日(平成28年度)
年間手術件数:975件(平成28年度)

院長:竹内宏明先生
感染管理認定看護師:大山昌子さん

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.22 No.3 p4-6 2017

関連サイト