Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 長期療養型病院における感染対策の取り組み ─25年間にわたる継続的な活動─
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.22 No.4 2018

長期療養型病院における感染対策の取り組み
─25年間にわたる継続的な活動─

横内 淳子(札幌エルム病院 薬局)

院内感染対策委員会の発足

当院は病床数120床の長期療養型病院(常勤薬剤師数;1人)で、要介護度4および5の患者が約9割を占める。1991年4月頃から臨床分離菌としてMRSAが急速に増加してきたため、組織的に感染対策に取り組む必要があると考え、院長に院内感染対策委員会の設置を進言。その結果、1992年3月には院内感染対策委員会が発足、組織としての活動を開始した。その後、徐々にMRSA検出数が減少し、1年後には対策前の約1/5以下に減少した。院内感染対策委員会は、2017年12月で267回となった。今回は、25年間にわたる継続的な活動の一部を紹介する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方は
こちら
よりご請求ください。

Carlisle Vol.22 No.4 p7 2018

関連サイト