Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン

感染対策ガイドライン

日本の感染対策ガイドライン
感染対策に関する国内の法律・行政通知やガイドラインについて概要を掲載しています。
CDCガイドライン
米国の政府機関である疾病予防管理センターCDC (Centers for Disease Control and Prevention) は、感染対策に関するガイドラインや勧告も数多く発表しています。
これらは多くの最新の医学文献を網羅した上で勧告されており、また医療関連感染起因菌の病原性や伝播経路が日米で大きく異なるとは考えられないので、日本における感染対策を検討する際にも、重要な資料として尊重するべきであると思われます。
当セクションでは、CDCの感染対策に関する主なガイドラインをリストアップし、簡単な注釈を加えて紹介しています。
また、日本語訳として出版販売され、私どもが参照し得たものについては書誌を記載しました。
参考:CDCのホームページ
APICガイドライン
APIC(Association for Professionals in Infection Control and Epidemiology)は米国の感染管理・疫学専門家の協会で、病院感染に関するガイドラインをいくつも公表しています。
それらはCDCガイドラインとの整合性を保ちながら、補完・追加的に各論を述べたものが多く、CDCも参照することを推奨しています。
当セクションでは、APICの感染対策に関する主なガイドラインをリストアップし、簡単な注釈を加えて紹介しています。
参考:APICのホームページ
DHガイドライン
DH(Department of Health)は英国政府の健康省です。
この健康省の附属機関としてPublic Health Laboratory Service(PHLS: 公衆衛生試験所)という政府機関があります。
当セクションでは、PHLSのガイドライン主なガイドラインをリストアップし、簡単な注釈を加えて紹介しています。
参考:DHのホームページ
HPAガイドライン
英国においては、Department of Health(健康省)に附属するHealth Protection Agency(HPA: 健康保護局)という政府機関が、イングランドとウェールズにおける病院感染および市井感染、もしくは感染症と伝染病についての当局となっています。
このHPAは旧Public Health Laboratory Service(PHLS)とその他の機関が2003年4月に統合された組織です。
当セクションでは、旧PHLS時代を含むHPAの感染対策に関する主なガイドラインに簡単な注釈を加えて紹介しています。
参考:HPAのホームページ
HISガイドライン
HIS(Hospital Infection Society)は英国の病院感染に関する学会で、Journal of Hospital Infectionはその学会誌です。
数年に一度国際学会が開催され、また学会誌への投稿も全世界から行われていますので、英国に限らず広く世界における病院感染に関する新しい知見が集中する学会のひとつであると言えます。
当セクションでは、HISの感染対策に関する主なガイドラインに簡単な注釈を加えて紹介しています。
参考:HISのホームページ
WHOガイドライン
WHO(世界保健機構:World Health Organization)は、公衆衛生の観点からさまざまなガイドラインを策定・公表していますが、当セクションではそれらの中から感染対策と関係の深いガイドラインに簡単な注釈を加えて紹介しています。

関連サイト