プレスリリース

pr071205-02 −速乾性擦式手指消毒剤−
「ワードケアハンドローション0.2%」新発売

2007年12月5日
吉田製薬株式会社
丸石製薬株式会社

pdf版
(149kb)

吉田製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:吉田俊介)と丸石製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:井上慶一)の両社は、本年12月20日、速乾性手指消毒薬として両社が共同開発した「ワードケアハンドローション0.2%」を新発売いたします。

「ワードケアハンドローション0.2%」は、クロルヘキシジングルコン酸塩0.2%とエタノールを含有しており、そのまま手指に塗布して消毒する簡便な手指消毒薬です。性状を粘性のあるローションとしたため液ダレしにくく、手指によく馴染みます。本年11月7日に、吉田製薬株式会社が丸石製薬株式会社との技術提携により製造販売承認を取得、吉田製薬株式会社が製造販売し、丸石製薬株式会社と共同販売いたします。

医療現場における衛生的手洗いの手技として、速乾性手指消毒薬によるラビング法は簡便で確実な手指衛生が達成できる方法であり、日本において最も普及している手指消毒法です。2002年に発表された米国疾病管理予防センター(CDC)の手指衛生ガイドラインでも日常的な手指消毒法の基本として推奨しています。
速乾性手指消毒薬としてワードケアハンドローション0.2%には以下のような特徴があります。液状ローション剤とゲル状製剤の中間の性状である粘性ローション剤としたため液ダレしにくく床を汚しにくい、また手指に塗り広げるのになじみやすい、保湿成分を含有し手荒れに配慮した処方である、幅広い抗微生物スペクトルがある。また、クロルヘキシジングルコン酸塩0.2%とエタノールを含有した処方により、通過菌や常在菌の一部に速効的な殺菌力を発揮するのみでなく、持続効果を発揮することも期待できます。ワードケアハンドローション0.2%は、簡便、効果的で手に優しい、かつ使用感に優れた性状の速乾性手指消毒薬として開発されました。

医療現場における手指衛生のコンプライアンス向上に寄与するため、殺菌消毒薬のスペシャリティーファーマを目指す吉田製薬株式会社と丸石製薬株式会社の両社は共同して医療従事者の方々へ幅広いプロモーション活動を展開いたします。

なお、両社では手術時の新しい手指消毒方法であるウォーターレス法にも適用できる消毒剤として開発した「ウエルアップハンドローション0.5%」を本年3月15日に、丸石製薬株式会社が吉田製薬株式会社との技術提携により製造販売承認を取得、丸石製薬株式会社が製造販売し、吉田製薬株式会社と共同販売をしております。

(本件に対するお問い合わせ先)
吉田製薬株式会社
業務本部
太縄 幸(おおなわ みゆき)
住所:東京都中野区中央5-1-10
TEL:03-3381-7291
FAX:03-3381-7244

丸石製薬株式会社
医薬品事業本部
田島 直紀
住所:大阪市鶴見区今津中2-4-2
TEL:06-6964-3124
FAX:06-6965-5741


<参考資料>

ウエルアップハンドローション0.5%の製品概要

【商品名】 ワードケアハンドローション0.2%
【一般名】 クロルヘキシジングルコン酸塩液
【効能・効果】 手指の消毒
【用法・用量】 そのまま手指に塗布又は塗擦
【製造販売承認日】 平成19年11月7日
【薬価収載日】 一般用医薬品
【発 売 日】 平成19年12月20日
【包装】 500mL、50mL×10
【製造販売元】 吉田製薬株式会社
【共同販売】 丸石製薬株式会社
【製品写真】
ワードケアハンドローション0.2%吉田製薬製品写真
ワードケアハンドローション0.2%丸石製薬製品写真
以上



2007.12.11 Yoshida Pharmaceutical Co.,Ltd.