Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染情報季刊誌より(Carlisle) > Review > 感染起因菌 > 血中ウィルス(HIV,HBV等) > 心臓外科医によるC型肝炎ウイルス:Hepatitis C virus(HCV)感染
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.1 No.4 December 1996

心臓外科医によるC型肝炎ウイルス:Hepatitis C virus(HCV)感染

Esteban,J.I.et al.
Transmission of hepatitis C virus by a cardiac surgeon.
New Engl.J.Med.,334(9):555-560,1996.

供血者のC型肝炎ウイルスHepatitis C virus(HCV)抗体スクリーニング検査の効果について、1992年から1994年にわたって実施された研究のなかで、明らかに輸血を原因としない心臓外科手術後のHCV感染が2例発見された。当該患者の執刀医は慢性C型肝炎に罹患しており、その外科医師のウイルスが患者に感染したのかどうかについて、検証を試みた。

1988年から1994年に行われた輸血後肝炎研究の対象であった当該外科医師の患者、222例のうち6例が、血清陰性の血液のみを輸血に使用していたにもかかわらず、HCVに感染していた。なお、その6例の患者はすべて、弁置換手術を受けていた。

分析は、外科医師、および外科医師と同じgenotypeのHCVに感染していた患者と対照群10例について、エンベローブ糖蛋白のE2 coding region間のジャンクションにおける、超可変部を含めた核酸塩基配列を比較した。

外科医師、および輸血とは無関係にHCV陽性であった患者のうち5例は、genotype3のHCVに感染していた。6例目の患者についてはgenotype1であり、他の感染源が推察された。外科医師の他のHCV陽性であった患者13例は、輸血関連の感染であり、genotype1であった。

genotype3のHCVに感染していた5例の患者と、その外科医師のHCV遺伝子配列におけるnet genetic dictanceの平均は2.1%(renge、1.1-2.5%;P<0.001)であった。一方、対照群とのそれは7.6%(renge、6.1-8.3%)であった。さらに、phylogenetic-tree analysisの結果によって、外科医師と5例の患者のウイルスについては、疫学的に共通の源が存在したことが示唆された。

慢性C型肝炎に罹患していたある心臓外科医師が、開胸手術中に5例の患者にHCVを感染させた可能性の根拠が示された。(訳:西岡みどり)

Carlisle Vol.1 No.4 p8-10 December 1996

関連サイト