Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 関東逓信病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.2 No.1 April 1997

関東逓信病院

院内感染対策の重要性にいち早く着目。
感染防止のみならず、ゴミの分別回収やリサイクルにも、積極的に取り組む。

関東逓信病院が院内感染対策委員会を設置したのは1976年。 以来20年余の年月にわたって、委員会を中心に院内感染防止への努力を続けている。

委員会は何度かの改組を経て構成メンバーは種々の分野から選出され、活動範囲も広範になった。

院内感染防止マニュアルは全職員に配布されている。

委員会を中心に、病院の総力を結集して一貫した方針のもと、院内感染ゼロを目指している。

DATA
住所  :東京都品川区東五反田5-9-22
開院  :1952年
病床数 :665
診療科数:24
職員数 :740
感染対策委員長:岡田淳先生(臨床検査科部長)
I日の平均外来患者数は約2100人。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.2 No.1 p4-6 April 1997

関連サイト