Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 日鋼記念病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.4 No.2 Summer 1999

日鋼記念病院

大切なのは〝繰り返し〟科学的根拠を示し、経験を分かち合う

天然の良港と、明治時代から製鉄の町で知られてきた室蘭は、登別をはじめ隣接する地域の行政の中心である。日鋼記念病院は、その広い地域の人々に開かれ、「原点から考えなおす保健・医療・福祉」の理念のもと、患者さんの権利を第一に考えた医療を実践している。〝原点から考える、開かれた病院〟の院内感染対策委員会は、委員それぞれの専門知識と経験を職員に伝え、人々の意識に訴えかける活動を繰り返し展開している。

DATA
住所:北海道室蘭市新富町1-5-13
明治44年に日本製鋼所の企業体病院として創立。昭和55年、企業から分離独立して医療法人「日鋼記念病院」として新発足。災害拠点病院ほか多数の認定を受けた地域の総合中核医療機関。平成9年4月に病院機能評価を受け、同年7月に日本第1号の認定証(一般病院B)を受領。
病床数:536床(ICU・CCU9床、NICU8床、PICU4床を含む)、人工透析97台(サテライトクリニック分75台を含む)
診療科数:23科
職員数:821名
関連施設:登別サテライトクリニック、地域医療研修センター、高齢者総合保健センター等11施設を擁し、看護学校も併設。
院内感染対策委員長:辻寧重先生。診療第2部・外科部長。登別サテライトクリニックの所長を兼任。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.4 No.2 p4-6 Summer 1999

関連サイト