Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染情報季刊誌より(Carlisle) > Review > その他の 関連文献 > サーベーランス > 連合王国における妊婦のHIV-1の疫学と知見:1988年から1996年に実施されたナショナル・サーベイランスの結果より
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.3 No.4 Winter 1999

連合王国における妊婦のHIV-1の疫学と知見:1988年から1996年に実施されたナショナル・サーベイランスの結果より

Nicoll, A. et al.
Epidemiology and detection of HIV-1 among pregnant women in the United Kingdom:results from national surveillance 1988-96.
BMJ, 316:253-258, 1998.

本研究では連合王国の妊婦におけるHIV-1感染の疫学を記述することを目的とし、周産期の血液検体におけるHIV-1血清サーベイランス、および産科医、小児科医、微生物学医の報告による、母性・小児感染の診断登録に基づいたサーベイランスを実施した。

対象は、連合王国における1988年から1996年の産婦およびその新生児とした。主なアウトカムとしては、母親における感染の代わりに新生児におけるHIV-1血清陽性率の時間的な傾向time trendsを測定し、HIV-1感染と診断された母親の割合とその特性をあわせて調査した。

結果は、1988年から1996年間にLondonにおける母親のHIV-1血清陽性率は6倍になった(0.19%;1996年では検査実施520例中に1例の陽性)。EdinburghとDundeeを別にすれば、Scotland(0.025%;検査実施3,970例中に1例の陽性)と連合王国のその他の地域(0.016%;1,930例中に1例の陽性)における感染のレベルは低いままであった。

Londonの報告感染症例は黒人女性に多かったが、一方Scotlandではほとんどが麻薬注射に関連するものであった。麻薬注射の影響が減少するにつれ、黒人女性の報告感染症例が増加した。

Scotlandの母親の感染例中51%は出産前に診断されていた。Englandでは妊娠期でのHIV診断率を増加させるためにnational policyが1992年に施行されたにもかかわらず、診断についての改善は見られず、1996年には新たな感染のうち15%のみが妊娠期に診断されていた。

HIV-1感染は連合王国中の母親に広まっているが、Londonではもっとも顕著であった。妊娠女性における感染率は改善されていなかった。今回のようなサーベイランス・データによって、小児におけるHIV-1感染予防政策の影響を効果的にモニターすることができる。(訳:西岡みどり)

Carlisle Vol.3 No.4 p8-10 Winter 1999

関連サイト