Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Outline > SSIサーベイランス
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.5 No.1・2 Spring/Summer 2000

SSIサーベイランス

小西敏郎1)、森兼啓太1)、西岡みどり2)、谷村久美2)、小林寛伊3)
(関東病院外科1)、看護部2)、院長3)

外科領域における周術期感染症の中で大きな割合を占めるのが術後の手術部位感染(surgical site infection, SSI)である。その発生は手術入院期間を延長させ、また医療コストを増大させるので、患者の手術治療に対する満足度を著しく低下させる。

米国ではSSI のサーベイランスは20年以上前からnational nosocomial infectionsurveillance(NNIS)systemに則って行われている。そして米国では、これまでに得られた膨大なデータが各施設に feedbackされ、各施設のSSIの予防と治療対策に極めて有用となっている。またサーベイランスを続ければSSIの発生が減少することも証明されている。しかし、残念ながら本邦ではこれまで病院感染について、そしてSSIについてもサーベイランスはほとんど行われていない。つまり、わが国にはSSI がどの位発生しているかについての資料がなく、自分の病院がどの程度の水準にあるのか、さらには諸外国に比べてどうなのか、などを評価することもできない。

最近われわれは日本環境感染学会の学会事業として、全国11施設での共同研究にてNNISシステムに準じた方法でのSSIサーベイランスJNISのシステムを作成し、SSIの疫学調査の試行を開始しているので紹介する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.5 No.1・2 p1-3 Spring/Summer 2000

関連サイト