Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 院内感染防止対策に対する薬剤師の役割
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.5 No.1・2 Spring/Summer 2000

院内感染防止対策に対する薬剤師の役割
“4th CDC’s Decennial International Conference on Nosocomial and Healthcare-Associated Infections”に参加して

洪 愛子
((社)日本看護協会看護教育・研究センター看護研修学校感染管理学科専任教員)

すでに1970年以来、1980年、1990年の10年毎に開催されてきたCDC(the Centers for Disease Control and Prevention:米国疾病防疫センター)主催の国際会議(院内感染および保健医療に関連した感染国際会議)も今年第4回目を迎え、CDCの所在地Georgia州 Atlantaにて3月5日から9日の5日間開催された。

これまでの3回の会議ではSENIC Projectなどの報告といったテーマが取り上げられて、院内感染の研究、ポリシー、実践を促進する上で、次の10年間へ重要な影響力を、米国内にとどまらず国際的に常に及ぼし続けてきた。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.5 No.1・2 p7 Spring/Summer 2000

関連サイト