Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 感染対策と薬剤師-ムピロシン(バクトロバンR)鼻腔用軟膏の耐性化を考える
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.5 No.3 Autumn 2000

感染対策と薬剤師-ムピロシン(バクトロバンR)鼻腔用軟膏の耐性化を考える-

中尾 誠
(三重大学医学部附属病院薬剤部・副薬剤部長)  

本邦におけるMRSA院内感染は、1984年頃から人類を震撼させ、現在では、ヒト鼻腔内・皮膚の常在菌として検出される黄色ブドウ球菌のうち約半数が MRSAとして検出されている。そのためMRSAを撲滅することはもはや至難のことであり、いわば「MRSAとの共存時代」となってきている。
 現在、鼻腔内MRSAの有効な除菌薬として、Mupirocin calcium hydrate(MUP)が、バクトロバンR鼻腔用軟膏として1996年に上市され、臨床現場で汎用されている。しかしながら、本邦における本剤の retrospectiveなデータはあまりなく、また、近年本剤によって鼻腔内MRSAが陰性化したにもかかわらず、再付着により再度陽性化する症例も少なくない。以上のことから、本剤の臨床現場での適正な使用法の確立を目指し、他施設とのretrospectiveなデータ解析および再付着原因を探索するために、各種感受性の測定の機会を得たので報告する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.5 No.3 p7 Autumn 2000

関連サイト