Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 院内感染サーベイランスの開始と薬剤師の活動
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.6 No.1 Spring 2001

院内感染サーベイランスの開始と薬剤師の活動

佐和章弘(マツダ株式会社マツダ病院薬局)  

当院では平成12年2月に院内感染対策委員会のTask ForceとしてICT(感染対策チーム)を新たに立ち上げ、より実践的な感染対策が即時実行できるように組織を再整備した。まずICTバッジを作りメンバーの士気を高めるところから始まったが、ICTの業務も①サーベイランス業務、②コンサルテーション業務、③教育・広報としての機能の3つに集約されて現在では順次活動が進みつつある。ここでは当薬局の薬剤師がサーベイランス業務を開始するにあたり、システム全体の開発に深く関与したのでその内容を紹介する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.6 No.1 p7 Spring 2001

関連サイト