Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 抗MRSA薬のTDM─ICTとの連携─
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.8 No.1 Spring 2003

抗MRSA薬のTDM─ICTとの連携─

田部和久、池上英文(関西労災病院薬剤部)

MRSA治療薬としての塩酸バンコマイシン(VCM)、テイコプラニン(TEIC)、アルベカシン(ABK)は、薬物治療モニタリング(TDM)により血中濃度を有効治療域にコントロールする必要がある。当院では、1998年12月からTDMを開始し、2000年5月には感染対策委員会においてMRSA感染症治療マニュアルが改訂(以下改訂マニュアル)され、抗MRSA薬を投与する全患者のTDMを薬剤部が実施し、感染対策医療チーム(ICT)と薬剤部との連携により抗MRSA薬の適正使用を推進することとなった。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.8 No.1 p7 Spring 2003

関連サイト