Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > ICTにおける薬剤師の役割
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.8 No.4 Winter 2003

ICTにおける薬剤師の役割

堺 久子(熊本赤十字病院薬剤部)

当院では平成13年4月にICT(Infection Control Team)を発足し、薬剤師もICTの一員として院内感染サーベイランスの実施、「院内感染対策マニュアル」(図1)の作成、消毒薬の適正使用、抗菌薬の適正使用、ヘパリンロックについての検討、ICT病棟ラウンド、ICT定例会、ICTレポート作成などの活動を行ってきた。今回、薬剤師として関わった消毒薬の適正使用、「抗菌薬使用ガイドライン」の作成、ヘパリンロックの検討について紹介する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.8 No.4 p7 Winter 2004

関連サイト