Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 救命救急医療チームにおける薬剤師の役割と感染管理
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.9 No.2 Summer 2004

救命救急医療チームにおける薬剤師の役割と感染管理

菊池 憲和
(日本大学医学部附属板橋病院薬剤部)

1991年に開設された当院救命救急センター(以下、センター)には、初期治療室とICU22床、CCU4床、熱傷ユニット1床の計27の病床を備えており、1日平均入院患者数は20名、1日平均搬送患者数は3~4名である。開設当初から薬剤師は、医師、看護師や他の医療従事者とともに医療チームの一員として常駐し、病棟薬剤師と交代しながら24時間体制で勤務している。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.9 No.2 p7 Summer 2004

関連サイト