Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 医療法人 舟山病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.9 No.1 Spring 2004

医療法人 舟山病院

チーム医療をコンセプトに内外で協力しながら感染対策に取り組む

舟山病院では1988年2月に病院(院内)感染対策委員会を発足させた。メンバーは院長以下8名。事務長、看護部長、さらに医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、施設課職員らが加わり、活動に携わっている。月に1度定例会を設けるほか、SARS(重症急性呼吸器症候群)など突発的な事故が起こったときには臨時会議を召集する。同委員会はICT(感染対策チーム)、つまり実動部隊も兼ねている。

DATA
住所:山形県米沢市駅前二丁目4番8号
1894年の開設以来、100年余りに渡って地域医療に貢献してきた伝統ある病院。地域住民の要請の変化に対応しながら、質の高い医療サービスを提供している。併設事業として舟山病院在宅介護支援センターを米沢市の委託を受けて開所。高齢者が直面するさまざまな悩みに対する『身近な相談所』として、保健・福祉サービス利用の調整や介護指導などを行う。他に、訪問介護事業所、訪問看護ステーションも併設。内外に開かれた病院として地域社会の支持を得ている。
病床数:194床
診療科数:14科
職員数:223人(平成16年1月1日現在)。
院長:舟山尚先生

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.9 No.1 p4-6 Spring 2004

関連サイト