Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 愛媛県立中央病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.10 No.3 Autumn 2005

愛媛県立中央病院

スタッフが負担を感じない効率的な感染対策を実践

愛媛県立中央病院におけるICT(感染対策チーム)は2002年5月に発足した。メンバーは、医師7名(そのうち4名がICD=感染管理認定医師)、薬剤部2名、検査部、事務から各1名、看護師長、副看護部長、そして、今回お話を伺った萬井美貴子さんだ。2001年にICN(感染管理認定看護師)の認定を受けた萬井さん(兼任)は、ICT発足後、メンバーはじめ他の職員との協力態勢のもと、同院独自の工夫を凝らしながら感染対策活動を進めている。

DATA
住所:愛媛県松山市春日町83番地
昭和23年に県立愛媛病院として発足。救命救急センター、総合周産期母子医療センターを併設し、一般医療、高度医療、先駆的医療に取り組みながら、愛媛県の基幹病院としての役割を果たしてきた。エイズ診療協力病院、災害基幹拠点病院、へき地医療拠点病院などの機能も持つ。医学部学生や研修医、看護学科学生など医療従事者の育成にも力を入れている。平成18年にはPET-CTセンターが開設される予定。
病床数:864床(一般825、結核36、感染症3)
診療科数:24科
職員数:1,041名
ICN:萬井美貴子看護師

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.10 No.3 p4-6 Autumn 2005

関連サイト