Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 抗菌薬使用動向解析から院内感染防止へ貢献―CLDM注とCD腸炎発生数の相関度―
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.12 No.1 Spring 2007

抗菌薬使用動向解析から院内感染防止へ貢献
―CLDM注とCD腸炎発生数の相関度―

大萱 豊秋
(高山赤十字病院薬剤部)

はじめに

数年前、当院ではClostridium difficile(CD)腸炎による下痢が散発したため、感染防止委員会として、スタンダードプリコーション、接触感染防止法、消毒等を指示したが、なかなか効果が上がらなかった。

一方、感染防止委員会に提示する抗菌薬使用動向を下調べしていて、クリンダマイシン(CLDM)注とバンコマイシン(VCM)内服の奇妙な関係に気付いた。前者が大きく動くと、翌月に後者が連動するのである。そこでさらに調べてみると後者は、CD腸炎治療目的で主に使われていること、同月比での相関よりCLDM注に遅れること1ヵ月でCD腸炎が多発することが判明した。CLDM注は、しばしば誤嚥性肺炎、術後感染等における嫌気性菌にカルバペネム、第四世代セフェムと併用され、その患者はCompromised hostであることが多い。このため、腸管内では菌交代が容易に起こりCD腸炎が必発、同時に感染源にもなりうる。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.12 No.1 p7 Spring 2007

関連サイト