Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 一般病院でのICT活動と感染制御専門薬剤師
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.12 No.3 Autumn 2007

一般病院でのICT活動と感染制御専門薬剤師

山藤 満
(富士重工業健康保険組合 総合太田病院 薬剤部/医療安全管理室)

はじめに

総合太田病院は群馬県南東部に位置する太田市にあり、昭和21年に開設された。平成2年3月に院内感染対策委員会が設置され、平成4年10月に小委員会(ICT)を組織し、現在まで活動をしてきている。平成14年からICTのラウンドを医療安全のチームと合同で開始し、本年1月よりICDと感染制御専門薬剤師とで、感染症患者の病棟ラウンドも開始した。当院でのICT活動と感染制御専門薬剤師について私見を述べたい。

本年4月から施行された改正医療法(良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律;平成18年6月21日法律第84号)において「医療の安全確保」が明示された1)。その中に「院内感染制御体制の整備(新設)」が設けられ、病院管理者等に大きなインパクトを与えている。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.12 No.3 p7 Autumn 2007

関連サイト