Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 財団法人 温知会 会津中央病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.14 No.3 Autumn 2009

財団法人 温知会 会津中央病院

抗生物質の適正使用と職員教育を2大課題に掲げて活動

会津中央病院では2009年5月に病院新棟が竣工した。従来の病院のイメージを一新させるその建物には、最新の治療環境を備えた快適な癒しの空間が広がっている。陰圧病室など感染対策を意識した設備も整えた。院内感染対策には長年取り組んできているが、2006年に正式な規定に基づき院内感染対策委員会が発足した。委員会は現在、医師4名、看護師2名、検査技師1名、薬剤師1名、栄養士1名、事務長1名、総務課長1名の計11名で構成されている。

DATA
住所:福島県会津若松市鶴賀町1-1
1964年に病院開設。1977年に(財)白楡会総合会津中央病院として開設。2002年現在の名称に変更。第3次救命救急センター、地域災害医療センター、東北ブロックエイズ拠点病院、臓器影響施設の指定を受ける。オーダリングシステム導入、電子カルテシステム稼動などITシステムの構築、新手術棟や放射線棟の開所、それらに伴う最新医療機器整備、職員の研究と教育などに力を入れ、地域の中核病院、高度専門医療機関としての役割を担っている。
診療科目数:25科
職員数:900名

ベッド数:930床(一般病床756、療養病床174)
稼働率:76.0%
平均在院日数:19日
年間手術件数(入院手術のみ):約3,800件
呼吸器外科医師:山岸 茂樹先生
薬剤師:鈴木 涼子先生

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.14 No.3 p4-6 Autumn 2009

関連サイト