Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 擦式消毒剤の適正使用に関する取り組み
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.14 No.4 Winter 2010

擦式消毒剤の適正使用に関する取り組み

宮川 可奈子(NTT東日本長野病院 薬剤科)

はじめに

手指衛生は感染予防の基本であり、アルコール製剤による擦式消毒はその簡便さ、有効性から臨床現場で広く用いられている。当院でも「一手袋一処置一手洗い」の遵守を「手洗い指針」として決定しており、擦式消毒に使用する消毒剤は、従来から薬剤科が院内製剤している塩化ベンザルコニウムアルコール液を使用している。今回、薬剤科が擦式消毒剤の使用量調査を行い、それを基に各部署の使用状況の問題点を検討した。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.14 No.4 p7 Winter 2010

関連サイト