Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 感染制御における薬剤師のかかわり
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.15 No.4 Winter 2011

感染制御における薬剤師のかかわり

感染症診療における薬剤師の役割は、抗菌薬血中濃度モニタリング(TDM)に基づく抗菌薬の投与設計や、Infection Control Team(ICT)の一員としての抗菌薬選択など,薬剤部内から臨床現場へと活動の場を移しつつあります。しかし、ICT活動は通常、薬剤部の業務と兼任して行われている場合が多く、当院のように専従で感染制御を行っている薬剤師は全国的に稀です。そこで今回は、感染制御部専従薬剤師としての役割と、日々の活動について紹介させていただきます。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.15 No.4 p7 Winter 2011

関連サイト