Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 錠剤分割調剤における手指消毒と分割器具の細菌汚染の実情
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.16 No.3 Autumn 2011

錠剤分割調剤における手指消毒と分割器具の細菌汚染の実情

中川 博雄(長崎大学病院薬剤部)

錠剤を半錠に割ったりする(分割調剤)場合、多くの薬剤師は錠剤を素手で扱い、専用の器具(分割器具)などを共用します。調剤された薬剤は患者が服用するため、調剤者の手指衛生が保たれている必要があり、分割器具も定期的に消毒管理されるのが望ましいとされています。錠剤分割調剤時の手指消毒方法としては、簡便で確実に効果を示す速乾性手指消毒剤の使用が推奨されています。しかし、どの程度汎用されているかは不明であり、その実態を調査した報告もこれまでにありません。そこで、われわれは長崎県下の薬剤師81名を対象に、錠剤分割調剤における手指消毒方法についてアンケートを行いました。また、錠剤分割調剤時に使用する分割器具の細菌汚染に関する調査を、8施設を対象に行いました。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.16 No.3 p7 Autumn 2011

関連サイト