Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 病院薬剤師に対する標準予防策習得に向けた取り組み
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.17 No.1 Spring 2012

病院薬剤師に対する標準予防策習得に向けた取り組み

高田 勝利(成田赤十字病院 薬剤部、
千葉県病院薬剤師会専門薬剤師育成委員会 感染制御専門小委員会)

近年、薬剤師は病棟業務のひとつとしての薬剤管理指導を行うときなど、さまざまな場面で患者と接する機会が増えている。その際、感染対策は医療安全の観点から、さらに患者様、医療従事者自身を感染から防御するために大変重要である。このような点から薬剤師も他の医療職種と同様に、感染対策の知識・手技等を身に付けておかなければならないと考える。そこで感染制御専門・認定薬剤師育成講習会の一環として千葉県病院薬剤師会の会員を対象に標準予防策の理解と習得(手指衛生と個人防護具の手技等)を目標に講習会を行ったので報告する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.17 No.1 p7 Spring 2012

関連サイト