Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 消毒薬使用の実態調査と適正使用に向けた取り組み
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.17 No.3 Autumn 2012

消毒薬使用の実態調査と適正使用に向けた取り組み

山崎理恵、和知野千春(武蔵村山病院 薬剤科)

感染制御における薬剤師の役割のひとつに消毒薬の適正使用の推進がある。感染予防には消毒薬の使用が欠かせない。しかし、全ての微生物や器材などに使用できる万能な消毒薬はなく、適した薬剤選択かつ副作用防止などの観点から消毒薬の適正使用は必須である。

今回、医師・看護師・薬剤師を対象に消毒薬使用の実態調査を行った。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.17 No.3 p9 Autumn 2012

関連サイト