Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 感染制御認定薬剤師としての地域連携への関わり
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.18 No.1 Spring 2013

感染制御認定薬剤師としての地域連携への関わり

今村政信(長崎大学病院 薬剤部)

2012年4月の診療報酬改定により感染防止対策加算が新設され、院内の感染防止対策チームの強化に加え、医療機関同士の連携や相互チェックが必要となりました。しかし、病院の規模や機能が異なる施設間において、地域連携は容易ではありません。そこで、今回は長崎大学病院(以下、当院)の感染防止対策に携わる薬剤師のこれまでの地域連携についての取り組みと、これまでの経験を活かした感染防止対策加算新設後の新たな取り組みについて紹介します。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.18 No.1 p7 Spring 2013

関連サイト