Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 血液培養検体採取時のアルコール消毒による汚染率の変化
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.18 No.2 Summer 2013

血液培養検体採取時のアルコール消毒による汚染率の変化

鬼束美紗絵(八尾徳洲会総合病院 検査科)

院内感染対策チーム(ICT)での臨床検査技師の役割は、院内の分離菌や耐性菌のデータを集積し、アウトブレイクの可能性をいち早く察知することや、院内感染対策上重要な菌を迅速に検出し報告することである。分離菌の状況把握や解析したデータの診療現場への情報伝達も行っている。今回ICTの活動で血液培養時の皮膚消毒方法について取り組んだので報告する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.18 No.2 p7 Summer 2013

関連サイト